本文へスキップ

 スタッフ紹介























 事業部部長
屋良 朝彦  tomohiko yara
資格
・二級建築施工管理技士  ・少額短期保険募集人資格
略歴
医療事務を経てパソコン、簿記、医療事務の資格を取得。
その頃から抱き始めた思いとして、物づくりに関わる仕事がしたい、形として残せる仕事がしたい、人に感動を与えられる仕事がしたい、という考えを持ち始めた時に、上間社長との出会いがありました。
上咲組に入社直後から、いきなり大手ゼネコン会社派遣にてジャスコ改修工事、アウトレットモール改修工事に携わり、上咲組設立後からもホテル新築工事のプロジェクトに加わり、今思えばめまぐるしいぐらいの激動の日々の中で、右も左も分からない状況でひたすら走り回って物づくりのノウハウを学んできました。
大手ゼネコンに関わり学んできた技術を、民間住宅づくりでも取り入れて、さらに上咲組の光・風・空間づくりの融合にて最高の物づくりに今も日々走り続けております。
 Birth  1979.1  Blood type  B型
 Hobby  旅行、野球、ビリヤード、ゴルフ  
 
 工事状況を常に配信
工事着工から竣工引渡しまでの「物づくり」の過程を通して、物づくりの喜び、楽しさ、また難しさを日々実感しています。
上咲組の建物づくりは、ホームページを通して進捗状況を配信し、施主様へはもちろんですが、誰にでも見てもらえる状況に取り組んでおります。
どういう風に建物を造っているのか、どこまで工事が進んでいるのか、普段は忙しくて現場に見に来られらない施主様へのためにも「見える化」にこだわって行っています。
いつ誰が来ても、誰に見られても自信を持って物づくりができる気持ちを常に持ち続けます。
 環境づくりについて 
おかげさまで、平成27年2月に上咲組は新社屋へと移りました。
新社屋では打ち合わせ室を4室完備し、プロジェクターなどでプレゼンテーションもできる大会議室など、
お客様を迎え入れ、落ち着いて打ち合わせ・ご提案ができるよう環境づくりにも取り組んでいます。
お客様がいつ来ても「きれいな会社」と思われるように毎朝の清掃も大切な業務の一環となっています。
お客様が住宅について本音で気軽に相談しやすい、またわかりやすい説明ができる環境づくりを大事にしております。
 経験をつたえていく
施工部の社員も少しずつ増えていく中で、住宅造りの基礎は「共通の認識を持たせたい」「基礎を身につけさせて、あらゆる変化球にも対応できる人を育てる」。私も他分野からの仕事でしたので、素人からでも住宅造りに取り組むことができるということを、自信を持って取り組める前向きな気持ちを教えたい。現場の進捗状況を毎週確認を行い、経験上想定できるポイントはその度伝えて現場に反映させていき、個人の知識にする。個人の長所にも目を配り、得意な分野はさらに伸ばすようコミュニケーションを心掛けている。お客様から「ありがとう」と言ってもらうことでこの仕事のやりがいを体感し、一緒にチームとして取り組んでいきたい。
 今後の目標
上咲組の建物へのこだわり「光・風・空間」を取り入れた間取り、「断熱工法」
施工管理による品質管理住宅を、一人でも多くの人に体感していただき、多くの人に届けたいと思っています。そのためにも、目の前の仕事を一つ一つしっかりとこなし、着実に前へ進んでいきます。
その中心人物よなるように、会社でも取り組んでいきます。
物づくりを通して上咲組が生み出すものが多くの人々へ届けられるよう、自分に何ができるのかしっかりと
考えて行動に移していきたい、生み出す提案を自分から発信することができる人になります。
photo
       
とある休日に家族で海へ
行きました。
初めてのプロ野球観戦 北海道旅行@ 北海道旅行A


プライバシーポリシー