本文へスキップ
 
 スタッフ紹介

  代表取締役社長
   上間 整  HITOSHI UEMA 
 
    略歴
沖縄の貴重な景観が多く残る那覇市首里石嶺で生まれ育った。 
県内の工業高校(建築科)卒業後、関西の大手ゼネコンに10年間勤務。
その時阪神大震災で被災。商業ビル等の復旧・復興に現場監督として携わった。
これまで学んだ建築技術・経験を生かすため平成13年沖縄に戻り
大手ゼネコンで大規模商業施設やホテル・ビル・マンション等の新築、増改築工事の経験を経て
平成19年株式会社上咲組を設立
 Birth 1973.8 Bood type   O
 Hobby  野球 ・ ゴルフ ・ 車  
 
 ごあいさつ
 平素は格別なるご愛願を賜り厚くお礼申し上げます。
私達、株式会社 上咲組【カ)カミサキグミ】は平成19年8月20日に総合建設業として起業し、
多方面の建設に携わって参りました。これもひとえに皆様のご支援とご協力の賜物と深く感謝を申し上げます。 

弊社の最大の特徴は、営業職がいないということです。
どういう事かと申しますと、社員全員が技術者であり、営業職でもあるということです。
従いまして、営業のみを行う営業職は一人もおりません。
設計、施工、不動産の各部門において、分業ではなく社員一人ひとりが一元的に管理することで業務の効率化を図り、お客様の声を全社員が共有し、リアルタイムでものづくりにフィードバックされる仕組みをとっております。
このように効率化を図ることでコストダウンも実現しています。
私たちは、ものづくりを軸にお客様に接しておりますので、過剰なセールストークで契約を迫るようなことは一切ありません。
上咲組のものづくりを丁寧にご説明させていただくことで、お客様に安心と納得をいただけるものと考えております。

弊社は、設計やデザインだけではなく、『施工品質』にもこだわりを持っています。
『施工品質管理』の差=デザイン、設計が良くても施工管理の良し悪しこそが建物の寿命に直結すると考えております。
設計、デザイン、施工各段階でお客様の想いを総合的に判断し、形にしていきます。
こうして、一つずつ真心を込めるものづくりこそが私たちの原点で、何年経ってもメンテナンスをきちんと行う事により、次世代へと受け継がれるモノだと考えています。

私たちは、質の高い建築を創造することで沖縄の建築に笑顔咲く未来を伝えてまいります。


   インタビュー掲載記事
   ・ジェイウォーム   ・おきなわ建築Web   ・沖縄の家51   ・Goohome
   ・東京商工リサーチ   ・オキナワグラフ   ・タイムス住宅新聞【ひと】
   
   創業の想い
事業を通じて次世代に残る会社、人創りをしたい。
自分の信じるものを形にし、社会に一石を投じたい。

 photo
 
グローブ   25年目    OG会 
小学校2年生から野球をしています。今でも磨き大事にしているグローブです。   高校時代のメンバーと
野球チームを組んでいます
  毎年、年初めに行っている
OG会ゴルフ

















  


プライバシーポリシー