本文へスキップ

 スタッフ紹介

 施工部 工事部長
    東 周生  chikao azuma 
資格
一級建築塗装技能士
二級建築施工管理技士
略歴
沖縄県宜野湾市で生まれ育った。
19歳の時、読谷村の焼物屋さんに弟子入りし、その側ら塗装会社のアルバイトを経て28歳の時独立。
その4年後に上咲組上間社長と出会い、建築工事の難しさと奥深さ、楽しさからの感動を教わり、上咲組へ入社。それから大手ゼネコンで新築工事や改修工事の監督員として携わり現在では技術向上、資格取得を目標に進行中。
 Birth  1974.5.17  Blood type   A型
 Hobby  焼物  バイク  釣り
 天職への経緯 
  物つくり、その言葉を考えて20年になります。元々読谷の焼物の作家さんのアトリエに、住み込みで弟子入りし、何もない所(土)から作品を制作する事が始まりでした。
弟子入り期間は給料も少なく、塗装屋さんのアルバイトをしながら日々を送っていました。
塗装業の仕事に携わって、建物が完成していく過程を目の当たりにしていくと他職ではあるが、建物の完成した時の喜びは同じなんだと感じました。
上咲組に入社してから、大手ゼネコンとの関わりも多く大規模工事にも現場監督員として携わり貴重な経験をしました。
建物を作る中で、沢山のメーカー、業者、職人が携わり、工事を進める中でいろんな困難がありましたが、いろんな視野からの計画、難題をクリアーし、建物が完成した時の喜びはいつも感動します。
そしてやっぱり一番お客様から、有難うと言って頂けること仕事が、一番の目標でありこれからの糧だと思い頑張りたいと思います。 
 趣味への想い   
  前職での焼き物は今でも続けていますが、最近は釉薬作りから挑戦し始めています。すべて一から見直すことの大切さと面白さを日々感じ、休日には窯元やギャラリーなどにも足を運ぶことが多くなりました。趣味の時間も含め、仕事も時には初心に戻ることの大切さを趣味を通じて再認識しています。
これからも趣味の焼き物も仕事も一歩一歩積み上げていきたいと思います。
 自分からの発信
  入社当初から、社長よりチーム力が大切だと教えていただき、どんな時も自分や同僚、後輩達と向き合う姿を見てきました。会社設立当初は3名からのスタートで今では15名の仲間、関係係業者さんも増え、工事を行う過程で様々な問題などを、自分の経験や社長から教わった建物つくりについての情熱を基盤に進めてきました。 今後は更に一言、一作業を諦めることなくこだわりを持って伝え切る事を心掛け積み重ね上咲組の品質向上力と、結果的にお客様の満足度に繋がると信じています。又お客様の満足に繋がる事は自分を含め、同僚、後輩、業者さんのプロとしての喜びや自信、誇りとなり、上咲組ブランドとして確立できる事を目標にし、今後も施工部の柱として物作りの楽しさを伝え厳しさを乗り越えることで、達成感と感動を一日でも早く実感して自信に繋げてもらいたいと思います。
その為にも自分が教わったことをどう伝えたらいいのか、どう向き合うべきか、今後も自分の課題とし、発信することの重要性を考えたいと思います。
又、発信することで逆に気付かされる事や振り返る事も多く、みんなの意見や思いを隔てなく伝えられるチームつくりを目指したいと思います。
 これからの挑戦
  入社して9年目になり、建築的知識を学びその過程の中で色んなことを経験させていただきました。
しかし現場によってすべてが新しくゼロから計画し作りあげていく物つくりの楽しさを知りました。
この職業の奥深さを日々感じさせられていますが、その一つ一つの経験がこれからの肥やしとなり、どんな困難な場所での計画や逆境にあっても今までの経験を活かし、少しでもお客様のご要望やニーズに応えられるように自分のスキルアップを目指し頑張りたいと思います。 
 
 photo
 
バイク写真   陶芸の写真
趣味のバイク、晴れた時には、バイクで本部まで足を運ぶこともあり潮風や森林の空気を取り入れることで心身共にリフレッシュしています。    休日は、子供たちと陶芸をする事が楽しみの一つです。
陶芸は土つくりから始まり成形、削り、釉薬掛け、壺焼きの工程を経て一つの作品が出来上がり、何百年たっても、色形変わる事無く、次世代残ることから、その時代の風習や習慣を感じる事が出来るのもまた一つの楽しみ方だと思います。
























プライバシーポリシー